合宿免許では食事はどうすれば良いのか

合宿免許中の食事については心配しなくても良い

夏休みなどの長期休暇や有給休暇を利用して合宿免許に出かけようと考えている方もいるでしょう。合宿免許で出かける場所は、参加者にとって見知らぬ土地である場合が多いです。免許のためとはいえ、見知らぬ土地まで行くのは人によってどことなく不安になることもあるでしょう。

見知らぬ土地での合宿免許では、体の疲れを癒したり気持ちを落ち着けたりするために、きちんと食事をとることが大切です。ところで合宿免許中の食事はどのようにとるのが一般的なのか、気になる方も多いでしょう。実は多くの場合、合宿免許中の食事は教習所側で手配します。このため基本的に期間中の食事については心配する必要がありません。

合宿免許で教習所にいるときは昼食が出されることが多い

合宿免許中の期間は、なるべく最短の期間で卒業を目指すため、毎日のように教習所へ通います。そして基本的に1日の大半を教習所で過ごすため、昼食も教習所でとる場合が多いです。教習所でとる昼食は、具体的には教習所によってさまざまです。施設内に食堂がある場合は、お昼休憩になると食堂に出かけて好きなメニューを頼んでとることになります。なお教習所にある食堂は営業時間があらかじめ決まっている場合が多いです。

一方食堂が設けられていない教習所の場合は、お弁当を教習所が用意します。休憩時間に各自が用意されたお弁当を持って行って、休憩スペースなどで食べる形です。教習所によっては近くのコンビニや食堂を利用することもあります。

気になる料金についてですが、多くの教習所では合宿免許の料金に昼食代が含まれているため、こちらは気にすることはありません。合宿初日も昼食は教習所で用意してもらえるため安心です。ただし予定の期間よりも延長することになった場合、教習所によっては自腹で昼食をとることもあります。

宿舎などでの食事はどうなっているのか?

合宿免許の場合、教習所が用意した宿舎などで集団生活をするのが基本です。宿舎の場合であれば、朝食と夕食を宿舎の食堂で用意してもらえます。朝食は朝の7時から8時台に出されるのが一般的ですが、夕食の場合は教習所から帰ってくる時間帯が合宿生によってまちまちであるため、朝食の時ほど全員でとるわけではありません。それでも基本的には夕方7時ごろから9時ごろにとる場合が多いです。ただし合宿生によっては戻ってきたところですぐに食事ということもあります。

宿舎での朝食と夕食も合宿免許の料金に含まれているため、お金の面の心配はありません。ちなみに初日は集合場所から教習所で教習を受けた後に宿舎へ向かうため、宿舎での最初の食事は初日の夕食ということになります。また最終日は午前中に卒業検定を受け、合格した場合はそのまま帰路につくため、宿舎での食事は朝食だけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*