Menu

必要不可欠な海上輸送・seatransport

海上輸送・seatransport
はまさに、日本にとって必要不可欠な存在です。

日本はまさに、四面を海に囲まれる国です。国際貨物輸送量の99.7%を担うのが、海上輸送・seatransportです。

コンテナ買取・販売は中古コンテナ.netで

海上輸送・seatransportのニーズ

間違いなく海上輸送・seatransportのニーズはそこに存在しています。

基礎産業物資から漁業資源、農産物……、多岐にわたって、海上輸送・seatransportにどっかり依存している経営スタイルを持っています。これ程までに日本が海上輸送・seatransportに依存しているからこそ、なおさら、私達は、しっかり海上輸送・seatransportの安全についても考える必要があります。

海上輸送・seatransportが犯罪に妨げられること自体、経済活動の停止を意味します。

海上輸送・seatransportのリスク

私達の暮らしに必要不可欠な存在が海上輸送・seatransportですが、相当な大きなリスクも抱えています。

海難事故もその一つです。気象、海象、航行水域状況、船体状況などによって、いろいろな海上輸送・seatransportのリスクがつきまといます。

海上輸送・seatransportには、座礁、衝突、浸水、火災、転覆の事態が起こり、 積み荷の損傷、海洋汚染、船員たちの死傷という事態を招くことになります。

スエズ動乱、イラン・イラク戦争といった戦争も海上輸送・seatransportの大きなリスクです。

そして、もう一つ、海上輸送・seatransportのリスクとして真剣に考えていかなければならないのは、「海賊」に対してのリスクです。

海賊と言えば、架空のストーリーに登場する存在とばかり思っていた人たちもいるかもしれませんが、海賊ほど怖い存在はありません。まさに、海上輸送・seatransportは海の中、襲われたらひとたまりもありませんよね。

海賊行為と戦う民間護衛会社

海上輸送・seatransportをしっかり守るため注目されているのが、海賊行為と戦う民間護衛会社です。

海賊行為と戦う民間護衛会社が請け負っているのは、世界の海の保安であり、 商船、またはヨットやクルーズ船、海上エネルギー設備やコンテナターミナル、港湾と言ったものも護衛します。

また、海上輸送・seatransportの海賊対策として、国際的な協力も欠かすことができないでしょう。

日本政府をはじめとして、各国政府も協力して、さまざまなレベルにおける海賊対策を行われている現状です。

マラッカ・シンガポール海峡でのアジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP)の取組み、
ソマリア沖の事態をめぐる国連を中心とした国際社会の動きにもしっかり私達は注目する必要があります。

新着記事