Menu

ドライバー不足の解消鉄道輸送・のモーダルシフト

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトの背景に存在しているのは、トラックのドライバー不足です。

トラックドライバーは、企業規模に関わらず拘束時間が長時間化しやすいという特性を持っています。ですから、なかなか若い人たちが、トラックのドライバーになろうというモチベーションが起こらないようですね。

中距離輸送のドライバーは、まさにいま深刻な危機を迎えていると言います。

そして、何か対策に向きあわなければ、問題はいっこうに解決することなんて出来ないでしょう。いま、トラックのドライバー不足から、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトに変換せざるをえないという企業も多く存在しているようです。

しかし、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトという一方的発想だけではなかなか上手くいかない問題も抱え、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトで、問題もかかえてしまっているでしょう。

「中継輸送」への取り組み

そこで、いま、注目度が高いのは、 モーダルシフトとあわせてトラックでの長距離輸送を複数のドライバーで分担する「中継輸送」への取り組みです。

そのような機能が上手くもっと機能することができれば、日本経済のありかたももっと変わっていくことでしょう。

どのように鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを勧めていかなければならないか

私達は、どう上手く鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを機能させることができるのでしょう。

そこには、ただ鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトというだけでなく、工夫も必要になって来るでしょう。

実際に企業が、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトへと転換させたことで、Co2排出量&コストの両方を削減させることに成功出来たということです。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは、トラックの中距離輸送と比較して、 リードタイムが大幅に伸びるという問題を抱えてしまうことになります。そのような問題を解決するのは、納品先工場の近くに在庫拠点としセンターを構築し、そこへ鉄道輸送で在庫を補充するという、 物流システムに対する提案です。

トラックの中距離輸送では、直接工場へ納品するためスピードは早いメリットは存在するものの、 積載効率のバラつきなどの問題を抱えてしまうことになります。鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを導入し、在庫を補充する仕組みに変わり、5tコンテナにほとんど積載率100%で輸送することが可能です。

新着記事